前回サラッと流したブーツの話です。
ちょっとサラッとしすぎたかと思って。。

最初に型紙です。
これはちょっとググったらどんな形状が必要かわかります。
問題になるとしたらそのサイズでしょうか。

まずはサイズは気にせず、取り敢えず型紙を写します。

次にドールから足型を写しとります。
↑このサイズの型が欲しいわけで。。

あとは元の型、自分のドールの型を比較、かつ立体的な場所は実際にメジャーで必要な長さを計りながら調節しました。
パソコンで等倍出来たら楽だと思うんですが、今パソコン壊れてるのでやっつけです。

実際に縫ってみておかしなところが出るのでは?と不安もあり、フェルトで試作してみます。

で、出来たのがこれ。
image


実際のところすね部分の布←何て言うか忘れました
は手本にした型紙にはありませんでした。
が、靴下があるなしとか、靴下によってキツさの感じが変わりそうな気がしたので追加しました。

片足出来たので合革で同様に作成していきます。

フェルトで縫うときより滑りやすいので
端を止めてから縫い進める等の工夫もしておきます。
image

※白いのが合革の境目、緑が縫い目です。

足の甲に当たる部分がちょっと縫いにくいです。
縫いにくい所なのでずれないように気を付けます。
image


靴底部分を縫い付けたあと、木の靴底っぽくしたいので
コルク板を切り取ってみました。
百均って何でもあるよね!
image

今回は3㎜の厚みの物を利用しました。

万能ボンドで張り付けます。
image


縫い目が見えてると汚いので
縁にもボンドで細く切った合革を張り付けます。
あとは靴紐を付けて完成!
image


せっかく作ったけど母に
image

「赤いこの服には似合わないんじゃない?」
とつっこまれるorz

違う靴をまた作ることになりそうです。。。
今のところ未定。。

----------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
banner