世の中の人はどうしてるんでしょうか。
我が家には一向に減らない物の一つにあるのが毛糸。
セーターやらマフラーやら編むんだけれど、
着れなくなったらまたほどいて違うものに編み直すのです。
なので捨て時ってことになると、すれて糸屑みたいになったり、フェルト化してしまって糸にほどけなくなってしまったときです。
(あ、でもフェルト化の場合は、それはそれ、で使うときもあるかな?)

そこで、ニットは全てほどくのか、というとそうでもない場合も。
それは既製品のニットです。
これは編むことで服のパターンを作っているとは限らないから。
一段ほどくと、そこで糸が切れちゃう、なんて事が多いのです。
なので既製品のニットはほどかずに捨てちゃうとこが多いのですが、今回は色が気に入ってたのでほどいてみました。

image

七分丈のニットカーディガンです。

image

ポケット部分と首ぐり周りの糸をほどいてつなげると、この糸玉ができました。
端の所なので10センチ~20センチくらいで糸が切れることが多かったです。

image

パーツごとに取り分けて前見頃一つで最初にとった糸玉と同じくらいの大きさに。
まだほどいてない前見頃の片割れも写ってますね。

image

最終的にはカーディガンからこれくらいの糸が取れました。
また何かを作るのに使います!

因みに最初にとった首ぐりの辺りの糸を取るときには結構糸捨ててます。
というのもボタンホールの部分は後から切り込みを入れてしまっているので使い物にならなかったから。
でもこれだけあればまだ使い道は色々あります。
何でもすぐ捨ててしまうのは良くないよね(`・ω・´)


----------------------------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

banner